ファンダメンタルズ分析の基本解説!

ファンダメンタルズ分析

経済指標の発表とか世界的なニュースが報道された時相場は大きな動きをします.

そんなとき発表結果に沿って取引を行った結果損失を出してしまったという人は多いのではないでしょうか。

それはファンダメンタルズ分分析の基本がわからないという人が多いということの裏返しだと思うんですけど要するにニュースなどの発表を見た時に自分が売りと買いどちらで入るのが正しいのかそれともその場でエントリーしないことが正しいのかそういった基本的な部分を知らずに報道結果に惑わされていませんかっていうことです。

今回は何かを知り得てもあなたが最初ということはまずない

下がるべきなのに下がらないのは上昇のサイン

この2つを解説していきたいとおもいます。

まずはじめの何かを知り得てもあなたが最初ということはまずないというのは言葉なと通りなんですけど例えば世界のどこかで相場を大きく動かすようなニュースがあったとしてあなたがそれを知ったときにはすでに多くの人が知っている事実だということです。

経済指標の発表などをほとんどオンタイムで知ることができるものもあるんですけどそういったものは除いてへどこかの地域で紛争が起きたどこかの地域で病気が発生したということとか相場を動かすファンダメンタル的要素はたくさんあります。

そういったニュースをネット上で確認する人がほとんどだと思うんですけどそのニュースがネットにあがっているって事はその記事をかいた人はすでにその事実を知っているって言うことです。

そして報道関係者が知っているっていうことは金融機関のトレーダーにももちろん情報は回っているわけであなたが知った時点ではすでにほとんどの人が知っているていうことです。

要するに一般の人がニュースを知ることができるのは順序的に考えて一番最後だっていうことでファンダメンタルズ的要因っていうのは早く知った方が有利ですし順番の最後に情報を仕入れてその情報を基に取引に反映させるっていうのは結局失敗につなげてしまう可能性が高いんです。

もちろんインターネットが普及していない時代と比べれば世界のあらゆる情報がすぐにキャッチできるようになってきましたけど金融機関などのトップトレーダーの耳に入るのもそれだけ早くくなっているんです。

じゃあ一般人には情報が一番遅く入ってくるわけだから一般人はファンダメンタルズ分析をする意味が無いのかって言ったらそんなことはなくてまずは報道を知ってすぐに取引をしないっていうことが大切です

要するに報道直後の相場を静観して相場の動きが落ち着いてきた段階から勝負っていうことです。

相場の動きが落ち着きを取り戻した場合その後には相場が示す方向へと自然に向かっていきますしそのときに自分の考えやトレード戦略と照らし合わせて取引を行うことで冷静な取引にしていくことが大切です。

なんで冷静な取引にすることが大切なのかというとその時の感情や報道に惑わされないっていうことももちろんなんですけど仮に相場が急騰した場合ここ最近の自分のファンダメンタルズ分析としてそんなに上がっていくとは思えないと感じるのであれば会で取引するのは見送ったほうがいいです。

これは上がっていくらどう感じたのであれば自分のファンダメンタルズ分析をもとにエントリーをするための理由を持って取引を行うことができるからです。

取引を行う上でエントリーを行うための理由っていうのは絶対に必要なものです。

理由なくエントリーしているとしたらそれは自分から負けに向かっていると言っても過言ではないと思うんです。

報道後の相場の動きを確認するときに知っておくべき地本的な考え方っていうのがあってそれが2つ目のトピックの下がる引きなのに下がらないのは上昇のサインっていうのにつながっていくんですけど何かしらの報道があった時に報道結果から考えても相場は下げて言ってもおかしくないのに多少の差綺麗止まってそこから上がってくるって言ういう場合は相場が強気だっていうことです。

要するにすでにその発表は相場に織り込み済みで、すでに多くの人に売られている状態なんです。

発表されるニュースが良いものか悪いものかが簡単に予想がつくほどその2ブースの方向に沿ったトレードは失敗する確率が高いと書かれているように簡単な予想がつくものほど世界中の投資家がすでに売買を行っているので報道が付いた時には既に織り込み済みのことが多いということです。

まとめ

先ほどお伝えした相場の動きが落ちついてきた段階からが勝負っていうのはこういったことを踏まえた上で取引を行っていくことが大切っていうこともあって一つの報道に対して考えるんじゃなくてここ最近のニュースであったり総合的に分析した上で取引に反映させることが重要だということです。

そしてファンダメンタルズ分析っていうのはテクニカル分析と組み合わせて使うこともできるんで例えば取引時た第はテクニカル分析を使って行うにしてもファンダメンタルズ分析とチャートが示す方向を照らし合わせることでファンダメンタルず的には下げだと思うんだけど
一時的に上がっているっていう事は魂のシグナルになる可能性があるからエントリーをしないで一旦様子を見ることだったり仮に上昇が続くようであれば自分の分析が間違っていたっていうことでその方向へ向けたエントリーを行おうといった感じで取引を行うことも出来るかと思います。

以上のことがファンダメンタルズ分析の解説となります。

おすすめの記事